3
  占い好きの特徴
               ◎次のページへ ◎運命鑑定とはTOPへ
 
まず当方に運命鑑定と認識し、通われる御相談者因果律を理解
し、
人事、社員の格、行動、心を測る、実用的に用います。
 病弱、体調不良の方は自己のバイオリズム、なにが原因で何時まで
なのか、

 かかりつけの医者は信用出来るのか。

 商売は今、時の流れはどうなのか、景気、売上は、何時下り、何時
上がるのか。等々
具体的です。

これらの方々の
特徴は、一生懸命、額に汗し、コツコツと真摯に努力し
ている
と謂うことです。


 占い好きでアチコチ歩き廻る人は違います。

 兎に角、
結論だけ聞こうとします。物事深く考えていません。


 努力
を嫌います。我が強いです。
 世の中自分中心に回っていると錯覚しています。

 実が無いので非常に態度が
横柄です。
 物言いが、上から目線です。

 「観られに来てやったゾ!俺を助けてみろ。
そうしたら少しは信じてやるよ。」
と謂う態度です。

 一代で大成功し、上場企業のワンマン社長に成り上がった人。
 お抱えの占い師がいるケースが多いです。
 本物を嫌います。
 何でも自分を肯定する占い師を好みます。

 事運に載っている時は、何をやっても上手くいくので、ますます、
自己過信し、占いを信じます。

 事運が過ぎ去れば、途端に高転びし、転落、破産、破滅に至ります。

 最盛期は人を人と思わぬワンマン
が多いです。

 努力せず、取り柄もなくその癖、自分は凄いと根拠無く思い込んでいる
人間。

コンプレックスと根拠無き優越感が波打っている人。

 性格に癖が有り離婚、仕事も転々と落ち着かない女性。

 経営が立ち行かなくなり、
宗教や占いに縋(すが)ろうとする人。

 それらの人々は、その癖、考え方や行動を変えようとしません。
今のまま、我を通たまま、幸運が舞い込まないか、挽回出来ないかと
思い、占いを利用しようとするのです。

 
この世の全ては、原因が在って結果です。

 其の状態に至った原因を取り除かなければ、解決しません。

 それも、現実を直視して。


 まり、やりたい事をし、言いたい放題に言い、その結果身動き
出来無くなり、それでも、自分を顧みず、何か上手い事無いか。

若しくは、何の努力もせず、何か奇跡が無いか。チョコットやるだけ
で、大成功する奇跡は無いか。


 こういう
人間達ですヨ。占い好きと謂う人種は。
周りを見渡してみて下さい。


 追い込まれても、自分のせいでは無い。親が悪い、会社が悪い、
友人が悪い。

 ○○のせいに出来なくなると、運が悪い、霊がついたせい、前世の
せい、これです!

 こう謂う人種です。もう少しゆくと
カルト、似非宗教にいきます。

 占いはその前座
です。

 事実チョコット占いらしきものを齧(かじ)って、知ったかぶりで、
小さいグループの中でカリスマ的存在として自己満足している
人間も多いです。

 心の中は教祖として君臨したいのでしょう。

その手段が占いなのです。

 本物は難しく、その考え方と合わないので、どうしても適当な方へ
言い訳出来そうな占法へ導かれます。又、

学生時代は対人関係が悪く、特定の友人しかと付き合え無い、
クラスの中で浮いていたり、不登校だったりが多いです。

 社会人になってからは、上司や同僚との関係がギクシャクし
職の定着率が悪い人が多いです。


 三十年近く人を鑑定して来ました。

 得た結論は、その
人種は、性下劣にして、品性に欠けると謂う事です。


 私は、
自(オノズ)より滅ぶ者、自滅者と名付けています。
 
自滅者は、滅びんとするを止める人間を敵と見なし攻撃してきます

 まるで麻薬中毒者が、治療を受け禁断症状が出て、クスリをネダッテ
モ貰えない時の様です。

 味方、力になる者を憎み、
破滅へと誘う者を救い主とします。

 ボロを着た釈迦やキリストを小馬鹿にし、足蹴にし、
錦で着飾った悪魔を信じます。

 
コンパスが狂っているのに、まるで、気が付いてないです。

 当方、真摯に人生を受け止め、額に汗し、コツコツと一生懸命生きている
方々に支えられて今まで来ました。


 故に、
邪悪な者、ヒネクレタ者、自分が世界の中心と思っている者、
人を人と思わぬ者、
自滅者、貴方達の来る処では無い。来るな!

   勝手に滅びの道を進みなさい!
   その邪魔はしません。