入門の手引き 
           
 
よく武芸十八般と言われます。武士の必須科目です。弓、剣、槍、棒、手裏剣
柔術
馬術、等々です。昔、武術はスポーツでは無く、殺し合いの技術ですから、
剣道弓道と言う様に区別されていませんでした。傍に石が有れば石、箸が有れば
箸を武器にして勝たなければ殺されてしまう。剣も棒も礫も全て一緒です。

  
   易学(陰陽学)も、まるで同じなのです!

 やれ風水だ、家相だ、人相手相、四柱推命、奇門遁甲、六壬神課、東洋医術、
九星、等々と言っても実は、全て繋がっているのです。ですから、四柱推命だけ、
風水だけというのは非常にナンセンスなのです。基礎になる陰陽学をマスターして
なければ一知半解です。

 手相、家相、同じ様に方位図をあてはめます。決して単独に線だけ読んでいる
訳ではないのです。
                     

 例えば今年は申年、干は丙、丙申です。これを易学に変換しますと晋と言う卦に
なります。
景気は高低を繰り返し、日照り、旱魃、人事は個の横領、権力乱用、隠れ、
隠していた物の発覚、噴火、火災、・・・・・・等々です。


 〇 平成29年は酉年、干は丁、丁酉です。
 沢、海、が太陽に温められる形です。
 親しみが度を越して、礼を踏み外し馴れ合いになり
互いに疑心暗鬼を生じ、家庭、友人、国家間、仲違い、
内乱、戦争に至る。
 昨年同様、海、過度の太陽熱に依る台風。
 海底噴火、海上大火災、爆発。
 
国内においては、東京より西南の噴火.
 皮膚、骨に関する病の流行、景空回り、石油相場の変動。

☆ h30年度は戌年、干は戊、戊戌です。

  世界中で、平年より三割以上癌、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、等
  に罹りやすくなり、有名、著名人の急死の報が駆け巡るでしょう。
    逆に、死を待つしか無い人が、急に回復し元気になったり、金銭、
   仕事で地獄のどん底人のが、あっという間に大逆転したりと言う年
   です。人によって、善悪、吉凶、上下と言う風に極端に変化します。

    一般的には、前半年は経済、景気、世の中は全て停滞し、後半年
   は徐々に動き出します。
気候は雪が多く、熱帯性は緩和するでしょう。 
  
  
   鉱脈、ガス田、等新発見。行き過ぎた貯蓄、重苦しい世の中の
   イメージです。後半は通じます
    3、4月頃は、北朝鮮の地下核実験による戦乱の危機。決定的な
   乖離。山火事、溶岩、ガス事故、大きな詐欺事件。
    11、12月は経済、景気の急上昇。アルプス級の山のがけ崩れ。
    等々のカタチです。
    等簡単に読み取れるのです。

 産霊流命学は、単に命学、六壬神課、人相手相、と言う様な個別に学ぶ訳ではな
いのです。全てが複雑に絡み合いリンクし合っているので、切り離すこと自体ありえな
いのです。決して世に言う「占いや霊感霊視」ではないのです。 

 入門を進めると個人差が著しいです。

 或る人は「これがずっと求めていた物だ!」と即決し14年間学び続け結局店舗を
持った人。

 或る人は悩み、問題を抱え学ぶ事により解決し、尚開運に至る人。
 或る人は一般教養として学ぶ人。

 又、或る人は(女性に多いのですが)頭っから馬鹿にして、「アンタの処で無くても占
い位すぐ出来る様になるわヨ。フン!」ってどこかの占い館で半年か1年位タロットカ
ードや西洋占星術授業を程受け、占い師になった積りになる人。

 自分を特殊な人間と思いたく、カリスマとして踏ん反りかえる為、言い分を通す為の
手段としての「占いや霊感」だったりします。

 人事を担当していたりして、自分が人事権を握った権力者と錯覚する人.。
 転職しても経験もないのに上に認められ様と、知ったかぶりして自分のやり方を周
りに押し付け混乱させ、結局居られなくなって職を転々する人。
 何処に務めても長続きしない。
 
 こういう人達が安易な占い師に成りたがります。

 
 勿論、占い館に広告で入っても素養が薄いのでやっていけません。
 それどころか、
れからの人生に咎を負う事になります。
 人の人生に影響を大なり小なり与える事になるので。


 
1年や半年足らずの学習で、人の人生に影響を与える事の怖さを解っていません。
運命学も占いも一緒にして、「口先だけの楽な仕事」と考えているのでしょう。
 
 なかには口先だけである程度往く人もいるかもしれませんが、余程怖いのです。
 なにせ結論が出て正しい間違いと解るのは下手すると何十年先の場合もあるので。

 
コツコツ地道な努力と勤勉と誠実さだけが、受けるを減らす事が出来るのです。

 マッ確かに此処は占い師を造る処では無いので、その人達が正しのかもしれません。
占師になりたいのだから。命学師は占い師とは違うので・・・・・。

 此処は
学んだ事により自分の望みや希望を叶え、自分の立脚点が確立したら、余力
を持って人の役に立つ、つまり
柱人(ハシラビト)を創るところです。

 
今から20年位前の話です。70歳位の男の鑑定士が私に聞いて来ました。「君は天中
殺をどう説明している?」やれやれと思いながら「命は滴天髄を中心に陰陽五行の相生相
剋、身の強弱で読みます。天中殺、天乙貴人、劫殺、等神殺は一切用いていません。」と
答えました。するとその方はため息ついて「君は正しいヨ。自分もそうしたいけれど、30年
以上そのやり方で生きてきたし、この年だから憶えられ無い。」と
残念そうに言っていたの
が印象に残っています。


 何十年も信じていた事が、経験と学が進むにつれ間違っていたと認識した時、直に悔い
改め一からやり直すか、そのまま自分さえ騙し続けるか、確信犯として違うと解った上で続
けるかです。老鑑定士は無駄な悔いの残る一生でしょう。
学習する場合、何を、誰に、どういう方法で学ぶかで未来は違って来ます。   
 

 例えば4ケ月で九星術がマスター出来ます。料金は40万円です。それで貴方はプロです
、とか。3年で易、四柱推命マスター出来ます。学費は年間80万円です、とか。しかし卒業
しても何にもなりません!

 
九星は実戦では役に立ちません!理由は年と月を掛け合わすだけですので同じ運命の
人ばっかりになってしまいます。

 ちなみに11と言う数を憶えて下さい。そして西暦を単数にします。
今年は2016年→2+0+1+6=9。11-9=2。今年の本命宮は2.2黒土星、となります。
月盤も暗算で出せます。2017年→2+0+1+7=10、1+0=1、11-1=10、10は
9星では10-9で1、即ち1白土星となります。これが本命宮です。
 

でもこれらを学んでもどうしょうも無いのです。いいですか?零に何を掛けても零なのです!
只、否定するには其れなりの知識が必要です。其の為に一見無駄に見える事も学習します。
結果的には無駄にはなりません。

 
 
殆どの方々が運命学に興味有るものの実態が解らずパンフレットのみで判断しなければ
なら無い。ですから、その本体を知らなければ大変な無駄をする事になります。先程の老鑑
定士の様に。


 
まず、易学について説明します。

 易経は64卦が有ります。即ち、
64の卦の意味を知らなくてはなりません。
 そして、それぞれの卦は爻(コウ)が6段に重なっています。
 初爻(
コウ)、2爻(コウ)と進み、上6爻(コウ
 上6までゆくと次の卦の(コウ)に移行します。
 それぞ爻(コウ)れのに言葉が繋っています。
 乾初辞:潜龍用いるなかれ。
 2コウ):見竜、田にあり。大人を見るに利有り。・・・・と暗号の様な言葉が付
いています。
 つまり、1卦で6種類の爻(
コウ)辞。
 64×6=384の
(コウ)辞を丸暗記し、暗号文を解読し、真意を理解するのです。


 
そして、説卦伝は風水、家相、の基です。
 これらもそれぞれの深い意味を抱えているlで読
み解いて往かねばなりません。

 さてさて、易学だけでも、月4回の授業として1年で仕上がります?
 2年では?3年では?
 良く、易学教室2年で卒業、と有りますが、
この学は深く、深淵で2.3年では周辺、
景色をなぞるにしか過ぎません。
又、それ以上の知識を教える事の出来る先生は少ないです。


 
この他、相学、四柱推命学を学びます。
 この四柱推命学も易学と同じ位深いのです。
 滴天髄に行き着くまでの
予備段階でさえ2,3年掛ります。


 
そして、六壬神課。この六壬神課は命学と易学を掛け合わせた様なものです。
 又、命は体質とも関係しますので、一般教養程度の生理解剖学、身体のツボ、
脊髄と病理の関係、大脳生理学(偏印と海馬)等々。

 人が歩いている姿を見るだけで何処が悪いかを読む程の眼力も必要とします。
まず背骨の位置を確認します。
 前のめりに歩く人は、肺、若しくは胃が圧迫を常時受けています。
すると顔色が黒く、若しくは暗色、蒙色、になります。ものの考え方は・・・・・。
と読みが広がるのです。
 

 
学んでいる方々は、経営者、公務員、自営業、医者、様々です。
 余りこの学をお金に変えようという人は少ないです。

 そもそも易学(陰陽学)は帝王学です!

 
世の片隅で、底辺で、何の希望も夢も持たず、その日その日を生きる人。
努力もせず只、他人の成功を横目で羨ましがり、何時か足を引っ張ってやろうと言う
人間には向きません。

 
邪悪なる者、ひねくれた者、自分を世界の中心と思いあがっている者にも向きません。
脳のシナプスの抵抗値が高すぎ覚えきれないのです、その種の人種は、簡単に解りや
すい天中殺とか大殺界とかに惹かれ、解った積りで一生終えます。


 
この学を修め人間がTOPに立てば、皆に喜ばれるでしょう。
 監督とか社長とか総理とか。

 また周りの人も放って置きません。
 必ず担ぎあげられます。
  

        
   入門料;10万円
           授業料: 月1万円(月2回、一回2時間)
           基本的には個人授業です。せいぜい2人が限界です
   
                                                                      
  
  

 ●運命鑑定とは(次のページへ) ●マホロバ詳細TOPへ  ●マホロバtopへ