1
◎次のページへ

◎周易TOPへ

  今こそ最も必要な、思想、哲学、実用書の筈が
   忘却の渦に巻き込まれようとしています!
 
  
    周易              
 
普通「易」と謂った場合周易を示します。
 
漢易、五行易(断易)もありますが、易と称しているだけで、一般的な
 論語や史書と並び称されるのは周易です。
 周の時代に書かれた易経を基礎とする周易を、

 一
般的にと呼んでいるのです。

  
易経は十章から成り立ちます。十翼と呼びます。

   
タン伝 64卦それぞれ辞有り。卦辞の説明(上下)

  
象 伝 大象ー卦全体、小象ー爻辞の意味(上下) 
  
繋辞伝= 易学の、根本原理、心、哲学、考え方・(上下)  
  
文言伝= 乾坤(陰陽)を詳しく解説 
 
 
説卦伝= 陰陽の宇宙原理を、人の世に置き換え天沢火雷
           風水山地の八象にて、小成卦(八卦)を解説。
          方位、風水、家相、九星、干支の基。
          量的には、全体の十分の一にも満たない。
          (拡大解釈の極)

  序卦伝 64卦の配列と、その謂れ 
  
雑卦伝 
卦の理解が複雑で難しいため、一言で説明
           
例えば、帰妹女の終わりなり、大畜は時なりと言うように。
          
加えて化の対立、対比。
          タン伝 象伝 繋辞伝 各々上下で 六
          文言 説卦 序卦 雑卦  各々一で四 
          六編と四変を
加えて十編。で、十翼と謂います。